【欅坂46】平手友梨奈が「響-HIBIKI-」で映画初主演

Pocket

欅坂46でデビューから6作連続でセンターで活躍してる平手友梨奈さん。

その平手友梨奈さんが「響-HIBIKI-」で映画初主演を務めることが決定しました。

この映画版「響-HIBIKI-」 は、漫画「響~小説家になる方法~」を実写化した作品になっています。

軽く映画についてまとめます。

どんな漫画なの?

原作はは柳本光晴さんが描いた「響~小説家になる方法~」です。

この作品は、文芸界に彗星の如く現れた1人の天才を中心にストーリーが展開されます。

近年、「バクマン」や「重版出来」など出版業界をテーマにした作品の実写化は行われていますが、この「響~小説家になる方法~」は小説をテーマにした作品です。

この「響~小説家になる方法~」では、小説家や小説家志望、出版社や編集者の視点で描かれている漫画になるます。

この漫画を読んでいると、「どうして人は作家を目指すのか?」と言った深い部分を見えてきますし、実に読み応えのある作品です。

作家の悩みや葛藤など、普通の人では感じることのない感情が漫画を通して感じることができ、作品の評価としては高いと言えます。

平手友梨奈の役どころは??

平手友梨奈さんは、「響~小説家になる方法~」の主人公『鮎喰 響(あくいひびき)』と言う15歳の女の子です。

響は、素晴らしい文才と独特の感性の持ち主だけど、歯に衣着せぬ発言や冗談が通じない性格、自分の思ったことをそのまま実行する行動から、周囲とは常にギクシャクしてしまう

初対面で年上の人間でも呼び捨てにしたり、突然暴力的な行動を取ったり、と響を知らない人間からは、ただ非常識な人間に映るけど、学業の成績は学年でもトップクラス。

と言う役です。

欅坂46のデビュー以来、センターとして活動してきており楽曲の表現力はグループの中で群を抜いています。

その類い稀な表現力をもつ平手友梨奈さんに響のような自分の信念を曲げずにまっすぐ生きていく様はピッタりな気がします。

平手友梨奈さん自身、本格的な演技の経験は乏しいかもしれませんが欅坂46で培った表現力は間違いなく発揮されることでしょう。

楽しみで仕方ないですね!!

まとめ

映画「響-HIBIKI-」は、漫画『響 〜小説家になる方法〜』を原作として実写化した作品。

公開日は9月14日。

主演は欅坂46の平手友梨奈さん。

監督は「君の膵臓を食べたい」や「となりの怪物くん」などを撮った月川翔監督。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする